ブサコの森





    ブサコ国立公園とパレス・ホテル・ド・ブサコへ


    しばらく間隔が空いてしまいましたが、まだポルトガル続きます。
   
d0357247_15543747.jpg



d0357247_15563951.jpg



       コインブラを後にしてバスで走ること45分ほど、バスは細い道をどんどん登り森の中へ入って行きます。
       ブサコは国立公園で、広大な森に400種類もの木が茂っています。
       古くは修道士たちが修行を行い、17世紀にはローマ法皇によって女人禁制とされた神聖な場所です。
       ポルトガル最後の国王マヌエル2世がここを気に入り狩猟のための離宮を建てたました。  
       しかし、1907年の完成直後に王制は廃止され王宮としてほとんど使われなかった。。。。この建物を
       ホテルにしたのがこの日の宿、パレス・ホテル・ド・ブサコです。




       
d0357247_15553725.jpg



      ホテルに到着してまずはロビーで一休み。。コインブラで歩き疲れたので皆さん、ふーーっとソファに座りました。
      すると、ウェルカムシャンペンがでてきまして、よく冷えていて美味しくて飲み干してしまいました。
      そして女性には白いガーベラの花が配られました。。お花いただくのは嬉しい!
      部屋に入ってからコップに活けて一晩楽しみました。
      ところで、このお部屋なのですが、添乗員さんがチェックインしてくださったあと袋に何やら紙のくじ。。
      この王宮ホテルは国の持ち物のため、勝手に改装や増築などもできなくて古いままになっているがために
      部屋のロケーションや広さなどもとてもばらつきがあるのです。添乗員さんもどこにどんな部屋があるのか全て知って
      いるわけでなく、ご自分の部屋も含めてくじで決めることになったのです。これはもう一つ日本からのグループも同じように
      していました。
      私と夫の部屋はフロントがある建物の2階で窓は駐車場に面していましたが、とても広くて落ち着いた部屋でした。
      父の部屋は狭いけれども、花柄のカーテンや内装が明るく可愛らしい部屋でした。
      こういう時、もしかしたら、あまり良くない部屋にあたってしまう方もでてくるので皆さん部屋の話はしないものです。

      それにしても、複雑な造りになっているので何度も行ったり来たりしなければフロントやダイニングにたどり着けません。
      大きな大理石の階段があり、私は本気でドレス(持っていないけど)を持って来れば良かったと思ったのです。
      こんな素晴らしい階段を使うことは、もうないかもしれない。もう、すっかりお姫様気分になりました。





d0357247_16412240.jpg




d0357247_21244856.jpg




d0357247_21262576.jpg





d0357247_15593757.jpeg




          この階段の壁に描かれているのが大きなアズレージョ、ナポレオン軍侵攻を防いだブサコの戦いが描かれています。




d0357247_15591897.jpeg


      この鎧のお方、夜はお顔を隠して目だけが光り、朝になるとお顔をだしていました。
      一瞬、えーーー!そこに立っているのは!?
      とドキッとさせられました。




d0357247_15572978.jpeg




      この建物はネオ・マヌエル様式というのだそうで、リスボンのジェロニモス修道院と同じようなねじれ柱や彫刻で飾られ
      とても華麗なものです。




d0357247_15583215.jpeg





d0357247_16031680.jpg



         この写真は朝食時に父が撮ったものですが、夕食もこの場所でした。
         本当に晩餐会でもしているような、きらびやかな場所で、ドレスを持って来れば良かったと思ったのは
         この雰囲気に合わせたら、もっと楽しかっただろうなあ。。と思ったからです。
         ポサーダや王宮に泊まることはわかっていたので、ディナーのための服を。。と実はとても悩んだの
         ですが、気候も難しい季節であったこと、あらかじめのドレスコードもなかったのでアクセサリーやスカーフを
         持って雰囲気を変えることにしたのでした。
         しかし、とてもオシャレをされた方がいらして、わーー、素敵!と皆さん歓声をあげたほど。。
         どんなふうに旅行中の服を持っていくか?はいつも悩むところですが、もしまたこのような特別なホテルに泊まる
         ことがあったらもっとオシャレをしたいと思います。
         あ、しっかりオシャレにしていたのは私の父もでした。ジャケットにネクタイを締めて、「普段はもうちゃんとした
         格好をすることはないからさあ。。(喪服くらいで。。)」と笑わせてくれましたが、さすが旅慣れてると感心した
         次第です。。
         夕食は、旅も始まって半分を過ぎ、和気あいあいとなってきたところでしたから、このホテルでしか飲めないという
         特別なワインを皆さんでシェアーしたり、笑い声の絶えない楽しいひと時でした。
      
         ブサコの森続きます。

      

[PR]
# by coimbra2017 | 2017-05-21 17:26 | 旅行 | Comments(2)

子供の日





    お天気の続いている今年のゴールデンウィーク、今日は子供の日、端午の節句です。
    我が家の一人息子の五月人形も出さなくなって久しく、今年はお稽古に行っている戸塚刺繍で
    兜の刺繍をしました。18センチ✖️23センチほどの小さな額に入る大きさなので
    短期間で仕上げることができました。今度は同じ大きさでお雛さまを刺そうかしらと思います。
    


d0357247_22133001.jpg



     息子が小さい頃、お風呂に菖蒲の葉を浮かべるのをとても嫌がって、スーパーで見かけると思い出し笑いを
     してしまいます。
     お陰様で元気に大きくなって話し相手にもなってくれるようになりました。

[PR]
# by coimbra2017 | 2017-05-05 22:26 | Comments(4)

コインブラ

    ポルトガル第3の都市コインブラは文化の中心です。
    1290年創設のヨーロッパ屈指の名門国立大学コインブラ大学を中心とした小さな街ですが多くの政治家や
    文化人を世に送り出しました。
    



    
d0357247_21052625.jpg
    



    コインブラの街はこのサンタ・クルス修道院が面している5月8日広場とコインブラ大学への坂と階段を登っていく
    途中のレプブリカ広場と中心が2つあります。この修道院のそばで昼食を取ったあと、再びバスに乗り大学のそばまで
    行きました。



d0357247_21055737.jpg
    



    
d0357247_21043523.jpg
    



    コインブラ大学には1724年に建てられたジョアニア図書館があります。蔵書30万冊、豪華な金泥細工による装飾と調度品も
    素晴らしいのですが写真撮影は禁止されていました。その図書館の右側にあるのがこの大学の礼拝堂です。
    17世紀のアズレージョで覆われてとても美しいものでした。



    
d0357247_21041163.jpg
    



      5月8日広場で見かけて思わず写真を撮った、コインブラ大学の学生さん。。




    
d0357247_21050573.jpg
    

    



    コインブラの街はこの大学こそが観光の中心地になっているのですが、私がもし若い頃に戻れるならこんな大学に行きたいと
    思ったのは、この大学の制服を着て元気に歩く学生達の姿を見たからです。
    この黒いマントは大学の制服で、制服の下には黒のスーツを着なければならない決まりです。
    そして黒いバインダーノートを持ち、そこにリボンがついていて学部を表しています。
    今時、こんな制服を着て大学に行くなんて考えらないでしょう?でも、彼らは誇らしげに、そしてあれこれ話しあいながら歩き、
    歴史と伝統の力を感じることができました、そしてまるでハリーポッターの世界だと!
    このマントは恋人ができると切り裂き、別れるとまた縫い合わせるという習慣があるそうで、裂け目が多いほどもてる
    証拠なのだそうです。
    ポルトガルは日本よりもはるかに経済の小さな国で、子供を大学に進学させるのは親にとってとても大変なことでしょうし
    子供にとっても産業のないポルトガル、もしくはヨーロッパの中で職業を得ていく為には半端な気持ちで勉強することはないで
    あろうと思います。そんな、どこか真剣な空気を私は感じました。

  

d0357247_22075347.jpg
    



    バスで大学の入り口に行ってしまったので、その場所の高さに気づいたのは大学からまた下の街へ下りて行く時でした。
    石畳の坂道はとても急で、父の腕を取りながら私も踏ん張っていなければ転んでしまいそうです。
    山から下りる時と同じで膝が痛くなりました。この街で学生をするなら、やはり若くなければ無理ですね。。。
    途中、何度も見かけたファドの宣伝看板。ポルトガルの民族歌謡で、日本の演歌のようなものです。
    ファドとは運命、宿命という意味で、リスボンのファドが主に女性の心情を歌うのに対し、コインブラのファドは男性の歌。
    男子学生が愛する女性にささげたセレナーデだったり、学生生活を歌った明るいものも多いそうです。
    ファドを聴かせる店が多く、そんな雰囲気たっぷりの坂道を残念ながら下ることに専念してしまったのでした。


    
d0357247_22081519.jpg
   

     コインブラ大学で買ったマウスパッドです。このブログを設定したとき、いきなりIDを入れる場面になり何も考えていなかったので
     手元にあったこれからcoimbraにしたわけなのです。
     私は普段、できるならあの年に戻りたい。。とか思わないほうなのです。でもこのコインブラの街では、もしあの頃に戻れるなら
     ここに来たい!と思ったのです。←何を勉強するんだ??
     私はバブル世代で大学はまさにレジャーランドと言われていました。
     もちろん、ちゃんと勉強していた人も沢山いたでしょうけど、私はどこか浮かれて過ごした迷いの日々を今でも後悔していて
     何にでももっと真剣に取り組むべきだったと、、そういう思いがこみ上げたのでした。
     それもこれも、ポルトガルがどこか懐かしさを感じさせるからなのです、どこか不思議な感覚に陥ってしまうからなのです。
  
     
     
  
    
    
 

    

[PR]
# by coimbra2017 | 2017-04-30 23:25 | Comments(4)

修道士のお菓子

    出発前に関口知宏さんの番組のほかに「コウケンテツ 世界幸せゴハン紀行」というポルトガルを扱ったものがありました。
    帰国してから再度録画を見てみると、アルコバサの修道院の前にあったALCOAというお菓子やさんでコウさんがカステラの原型
    「パオン・デ・ロー」をパティシエのパウラさんと一緒に作っているではないですか!
    このお菓子やさんは修道院を見た後、ガイドさんに案内されて行ったところです。ショーウインドウに様々なお菓子が並んで
    いて、どれも美味しそうでした。
    映像の中でのパウラさんの説明では、昔修道院では服の糊付けや漂白に卵の白身を使い、大量に残った黄身を使ってお菓子が 
    作られたのだそうです。そうして修道士達が作ったお菓子は大航海時代に世界中に伝わっていったのでした。
    コンペイトウやカステラはポルトガルから日本へ伝わってきたのです。

    今回は添乗員さんがあちこちで、代表的なスイーツを買ってくださって味見をすることができました。
    このALCOAという店では、確かかぼちゃのクリームを包んで揚げたようなお菓子でした。どんな生地なのか、パリッとしていて
    クリームとの相性がいい美味しいものでした。
   
    私が一番気に入っていたのは、アライオロスでいただいたお菓子です。
    


     
d0357247_19092031.jpg



d0357247_18550973.jpg


    食べ終わって、うわああー美味しい!と包んであった紙を大事に持ち帰ってきたのが上の写真です。
    食べた日の手帳に貼り付けてあります。
    お菓子の写真はこの店のHPにでていたものです。なんということもない素朴なお菓子なんですけどね。。

[PR]
# by coimbra2017 | 2017-04-24 19:23 | 旅行 | Comments(2)

バターリャ修道院

    静かなナザレを後にして、バターリャ修道院、コインブラをまわり宿泊地ブサコの森へ向かいます。
    
    バターリャ修道院は、正式名称「勝利のサンタマリア修道院」。ブルゴーニュ朝のフェルナンド1世が亡くなると
    王位継承をもくろむ隣国カスティーリャ王ファン1世は3万もの大軍を率いてポルトガルに攻め込んだ。
    独立を守るためアヴィス朝の始祖となったジョアン1世は戦勝を聖母マリアに祈願し、奇跡的な勝利をとげる。
    アルコバサの修道院を手本として1388年に始まった建設は16世紀初頭まで引き継がれた。。地球の歩き方より
    バターリャとは「戦い」という意味です。
    



    
d0357247_18132029.jpg



    
d0357247_18140792.jpg



    教会の中はとても簡素に感じますが、ステンドグラスがとても綺麗です。ちょうど日が差し込んでいました。




d0357247_18145579.jpg




d0357247_18153335.jpg




d0357247_18165025.jpg



    「未完の礼拝堂」です。途中でお金がなくなったので未完になったらしいです。
     この修道院は簡素なようですが、かなーり凝った造りになっています。未完なのが残念だなあと思うほど 
     重厚感があったのでした。




d0357247_18160904.jpg



    エンリケ航海王子のお墓です。ポルトガルの大航海時代を開いた偉人ですから、ちょうど学校の子供達が見学に来ていて
    このお墓の前での説明が長くてなかなか写真が撮れませんでした。




d0357247_18171448.jpg


     無名戦士の墓を守る兵隊さんですが、ずっと携帯を見ていました。




d0357247_18174346.jpg



    これだけの規模の建物を何百年も多くの建築家が引き継いで造っていた。。すごいなあーーと思います。
    

[PR]
# by coimbra2017 | 2017-04-20 18:37 | 旅行 | Comments(2)