熊本

d0357247_11481447.jpg
  





         熊本市内、熊本日航ホテルの部屋からの朝日を浴びる熊本城です。
         昨年の震災後5月にその姿を見たとき、瓦が崩れ落ちてしまい美しかった姿はなく悲しい思いをしました。
         今はこのように足場が組まれ、天守閣は撤去されているそうです。
         熊本城が復活するまであと20年ほどかかるそうですが、私はその姿を見ることができるでしょうか?
         老人ホームに入居していた義母が他界し、熊本に滞在していました。
                      
         高校の修学旅行で熊本を訪れていましたが、まさか熊本県人と結婚することになるとは。。  
         そして、随分と熊本の各地を訪れ、正確には義両親があちこち連れて行ってくれて、私は熊本が
         大好きになりました。
  



d0357247_11491001.jpg
    
 




         ここは、宇城市にある三角西港です。
         明治20年1887年に完成し、石積みの埠頭と水路、周りに西洋建築物があり、なんと2015年に
         世界文化遺産に登録されました。
         義母は私を嫁というよりは娘のように扱ってくれて、この西港は義母の大のお気に入りの場所であって
         まず、連れて行ってくれた所なのです。
         ここからは、静かな海と天草を繋いでいる橋が見えて、何度ここへ来て釣りをしたり食事をしたりしたでしょう。
 
         連日猛暑続きだったのに、この日から急な雨を伴う曇り空になり残念な写真になりましたが
         葬儀を終えてから、義母の好きだった場所を夫と訪れたのでした。
         静かな海は変わりなく。。沢山の思い出と数々の素敵な場所を教えてくれた義母に感謝します。


[PR]
Commented by milletti_naoko at 2017-07-27 22:51
すてきなお優しいお義母様だったのですね。自分の好きな場所を知ってもらおう、いっしょに過ごしたい、そういう心の温かさが想像されます。だんなさまとお二人でお義母さまがお好きな場所をめぐられる間、きっとほほえみながらお二人を見守っていらしたのではないか、そしてこれからも、そんな気がします。天草に明治、西洋に様々な意味でゆかりのある美しい場所なのですね。熊本城も時間をそれだけかけるということは、それだけ慎重に再建をということなのでしょう。いつか訪ねられる日が早く来ますように。
Commented by paradiso-norina at 2017-07-28 17:08
熊本城の再建は20年もかかるのですね。
お堀の崩れた所だけと思っていましたが相当な被害だったんですね。
私ってなんて無知だったんでしょう。。。
熊本は訪れたことがないので想像がつきませんが北海道と同じく自然がいっぱいのいいところなんでしょうね。
山も海も静かなときはそれは美しいのでしょう。
いつかブラタモリで行ってみてくれないかなぁ。。

お義母さまのことは本当にお心落ちと思います。
でも熊本に来てくれる時はきっとうれしい気持ちでいつもお二人に微笑みかけているような気がします。


Commented by coimbra2017 at 2017-07-29 22:07
> milletti_naokoさん
天草は夫の祖父の出身地であり、隠れキリシタンの歴史あるところです。崎津教会、大江教会など義両親の案内で訪れたことがありますが江戸時代から続く潜伏キリシタンの歴史が残る、独特の雰囲気がある所です。大江教会はフランスから来た宣教師ガルニエ神父が質素な生活を送りながら孤児の養育や新教会の建設に取り組みました。1907年、与謝野鉄幹とその門弟、北原白秋ら5人でガルニエ神父を訪問しています。天草の西の果てまでの、その頃の旅を想い感激したものです。その時の紀行文が「五足の靴」と言い、その様子が記されています。
天草とヨーロッパは繋がっているのですよね。。
Commented by coimbra2017 at 2017-07-29 22:19
> paradiso-norinaさん
のりーなさん。いやあ、、実は震災の前に熊本城ブラタモリしたんですよ。。私、録画しています。本当に色々詳しい説明があり、その時の映像が今後の復興の助けになるそうですよ。。
今は崩れた石垣に番号がふってあって並べてあったりします。熊本の城壁が難攻不落であったのは石工の技術もあったからで、県内には石作りの立派な橋が沢山残っています。それらも、みんな連れて行ってくれたのは義両親でした。火野正平さんの心の旅ではないですが、私の心に残る風景が熊本には沢山あるのです。
by coimbra2017 | 2017-07-26 12:31 | 生活 | Comments(4)