コインブラ

    ポルトガル第3の都市コインブラは文化の中心です。
    1290年創設のヨーロッパ屈指の名門国立大学コインブラ大学を中心とした小さな街ですが多くの政治家や
    文化人を世に送り出しました。
    



    
d0357247_21052625.jpg
    



    コインブラの街はこのサンタ・クルス修道院が面している5月8日広場とコインブラ大学への坂と階段を登っていく
    途中のレプブリカ広場と中心が2つあります。この修道院のそばで昼食を取ったあと、再びバスに乗り大学のそばまで
    行きました。



d0357247_21055737.jpg
    



    
d0357247_21043523.jpg
    



    コインブラ大学には1724年に建てられたジョアニア図書館があります。蔵書30万冊、豪華な金泥細工による装飾と調度品も
    素晴らしいのですが写真撮影は禁止されていました。その図書館の右側にあるのがこの大学の礼拝堂です。
    17世紀のアズレージョで覆われてとても美しいものでした。



    
d0357247_21041163.jpg
    



      5月8日広場で見かけて思わず写真を撮った、コインブラ大学の学生さん。。




    
d0357247_21050573.jpg
    

    



    コインブラの街はこの大学こそが観光の中心地になっているのですが、私がもし若い頃に戻れるならこんな大学に行きたいと
    思ったのは、この大学の制服を着て元気に歩く学生達の姿を見たからです。
    この黒いマントは大学の制服で、制服の下には黒のスーツを着なければならない決まりです。
    そして黒いバインダーノートを持ち、そこにリボンがついていて学部を表しています。
    今時、こんな制服を着て大学に行くなんて考えらないでしょう?でも、彼らは誇らしげに、そしてあれこれ話しあいながら歩き、
    歴史と伝統の力を感じることができました、そしてまるでハリーポッターの世界だと!
    このマントは恋人ができると切り裂き、別れるとまた縫い合わせるという習慣があるそうで、裂け目が多いほどもてる
    証拠なのだそうです。
    ポルトガルは日本よりもはるかに経済の小さな国で、子供を大学に進学させるのは親にとってとても大変なことでしょうし
    子供にとっても産業のないポルトガル、もしくはヨーロッパの中で職業を得ていく為には半端な気持ちで勉強することはないで
    あろうと思います。そんな、どこか真剣な空気を私は感じました。

  

d0357247_22075347.jpg
    



    バスで大学の入り口に行ってしまったので、その場所の高さに気づいたのは大学からまた下の街へ下りて行く時でした。
    石畳の坂道はとても急で、父の腕を取りながら私も踏ん張っていなければ転んでしまいそうです。
    山から下りる時と同じで膝が痛くなりました。この街で学生をするなら、やはり若くなければ無理ですね。。。
    途中、何度も見かけたファドの宣伝看板。ポルトガルの民族歌謡で、日本の演歌のようなものです。
    ファドとは運命、宿命という意味で、リスボンのファドが主に女性の心情を歌うのに対し、コインブラのファドは男性の歌。
    男子学生が愛する女性にささげたセレナーデだったり、学生生活を歌った明るいものも多いそうです。
    ファドを聴かせる店が多く、そんな雰囲気たっぷりの坂道を残念ながら下ることに専念してしまったのでした。


    
d0357247_22081519.jpg
   

     コインブラ大学で買ったマウスパッドです。このブログを設定したとき、いきなりIDを入れる場面になり何も考えていなかったので
     手元にあったこれからcoimbraにしたわけなのです。
     私は普段、できるならあの年に戻りたい。。とか思わないほうなのです。でもこのコインブラの街では、もしあの頃に戻れるなら
     ここに来たい!と思ったのです。←何を勉強するんだ??
     私はバブル世代で大学はまさにレジャーランドと言われていました。
     もちろん、ちゃんと勉強していた人も沢山いたでしょうけど、私はどこか浮かれて過ごした迷いの日々を今でも後悔していて
     何にでももっと真剣に取り組むべきだったと、、そういう思いがこみ上げたのでした。
     それもこれも、ポルトガルがどこか懐かしさを感じさせるからなのです、どこか不思議な感覚に陥ってしまうからなのです。
  
     
     
  
    
    
 

    

[PR]
by coimbra2017 | 2017-04-30 23:25