またね、ポルト!

    



       ポルトガル観光最終日。
       朝からポートワインのワイナリー見学です。



    
d0357247_14460183.jpg



       ポートワインはドウロ川上流で収穫されたブドウから造られます。急斜面の段々畑にブドウが育ち
       収穫はさぞ大変だろうと思いました。
       また糖分が残っている発酵途中にアルコール度77度のブランデーを加え、酵母の働きを止めるのが
       特徴だそうで、この製法によって独特の甘みとコクが生まれるのだそうです。
       私達はヴィンテージの赤ワインを持ち帰りました。一口目、うわーーー甘い。。。と思うのですが
       甘い中にとても複雑で深い味わいがあります。
       普段は辛口のものを好んで飲むのですが、これは本当に美味しい1本でした。





    
d0357247_14471865.jpg




       ワイナリーの見学のあとはギマランイスへドライブ。





      
d0357247_14464191.jpg
       



       ギマランイスはポルトガル初代国王アルフォンソ1世が生まれた地であり、ここトウラル広場にある壁に
       「ポルトガルここに誕生す」と書かれています。
       このツアーは本来はこのポルトから出発してリスボンから帰国というコースなのですが、私達の出発日だけ
       逆になりました。リスボンからずっと北へ移動して、各地を見ながらポルトガル発祥の地で観光は終わりました。





       
d0357247_14484785.jpg



       最後の写真はホテルの窓から撮ったポルト最後の夜の月です。
       携帯からなので欠けて見えますが、満月でした。
       またね。。ポルト。。。またここへ来れますように。。と月にお願いしました。
 
       月と言えば、今日日本時間の未明は皆既日食でした。アメリカでは日食が横断したようです。
       ニュースで見た映像はすごいです!太陽と地球と月が並ぶなんて。。
       一瞬夜のように暗くなり。。大昔の人はどんなに怖かったでしょうね。。。
       私が好きな星占いの先生によると、日食は「特別な新月」で、大きな始まりの節目なのだそうです。
       関東では8月になって毎日雨が降り、曇りで湿度の高い日がずっと続いて来ました。
       ほんの少しでも青空が見えるととても嬉しくて、気分が良くなるのですからお日様が出てくれるというのは
       こんなに有難いことかと思いました。
       気温的には涼しくて良いようですが、何か気分が乗らない。。。そんな日が続いてきた今日は
       こうして一応?ポルトガルの旅を終わらせることができました。
       
       今週末は義母の四十九日の法事があります。
       どこかで、気持ちを変えてまた歩き出さなくてはいけない、、と思ってきました。
       今日がそんな区切りの日になるのかな?

       
       


      
       

[PR]
by coimbra2017 | 2017-08-22 16:31 | 旅行